株式会社永和システムマネジメント アジャイル事業部

私たちのやり方で
同じ志を持つ仲間と
お客さまへの共感をもって
ソフトウェア開発を続けていく

私たちのやり方とは、
「アジャイルなプロセス」と「妥協のないエンジニアリング」によって
お客さまに価値を提供し続けることです。

アジャイル事業部の
運営・制度

アジャイル事業部はRubyやアジャイルのコミュニティそのものだと考えています。コミュニティ運営のような高揚感や一体感を感じられる運営を行うことを目指しています。 そのために、ナイスな人たちが正しいと思ったことができるようにしています。これは私たちがRubyやアジャイルのコミュニティからコミュニティ運営の鍵として学んだことです。
アジャイル事業部というコミュニティを運営する上での主な活動には以下のようなものがあります。

ランチ給付金
ランチ給付金

プロジェクトチームを横断したコミュニケーションを活性化するために、プロジェクトチームが異なるメンバー同士 3人一組でランチに行ったときに、昼食代を補助しています。

在宅勤務 / リモート勤務
在宅勤務 / リモート勤務

働き方の多様化に対応し、社員がいきいきと長く働ける会社にしたいという思いから、自宅で作業をすることが認められています。また、会社への通勤圏外で働くリモート勤務の制度もあります。

合宿 / ハッカソン
合宿 / ハッカソン

年に1回以上合宿を行っています。テーマはさまざまですが、事業部のビジョンを共有するための事業部合宿や興味ある技術を深めるためのハッカソンを行っています。温泉に1泊して、メンバー同士が交流するのも楽しみのひとつです。

一斉会議
一斉会議

1ヶ月に1回、事業部のメンバー全員が集まり、事業部の収益状況からメンバーのイベント/コミュニティ参加状況まで幅広く共有します。仲間のことを知り、お互いの労を労うことが目的です。一斉会議のあとには、ピザパーティを行っています。

ふみひこの部屋
ふみひこの部屋

事業部メンバーと事業部長とのランチを「ふみひこの部屋」と呼んでいます。メンバー複数人対事業部長でやるときも、1対1で話をすることもあります。テーマとお店はメンバーが自由に選びます。メンバーと事業部長がお互いに考えていることを知ることが目的です。

事業部のToDo / 課題共有
事業部のToDo / 課題共有

事業部のToDoや課題を GitHub Issues で管理しています。参加したいイベントや購入したいものについても、GitHub Issues にあげて決裁をします。メンバー全員が見えるところでオープンに議論が進みます。

開発環境整備基金
開発環境整備基金

開発者が能力を発揮できることを大事にし、自分好みの環境を作っていけるようにする文化があります。そのために、メンバー自身が考えて執行できる予算があります。開発に必要なインフラやツール (キーボードやトラックボールなど) を自分で選んで購入する事ができます。

PC購入
PC購入

自分が使いたいPCを自分で選んで購入することが出来ます。PCは2〜3年で買い換えます。OSも好きなものを使うことができるので、MacやGentoo Linuxを使う人が多いです。

技術交流会
技術交流会

他社のIT企業と共同で勉強会を開催し、技術や人との繋がりを深めます。技術交流会での発表を入り口に、社外の人と交流する楽しさを知っていくメンバーも少なくありません。

イベント / 勉強会への参加支援
イベント / 勉強会への参加支援

アジャイル事業部では「コミュニティとの共生」をテーマに、社外の人とのつながりを作ることを推奨しています。そのため、イベントや勉強会への参加の際に参加費を支援しています。また、遠方での開催の場合には交通費、宿泊費を支援しています。年に数人は海外のイベントに参加するメンバーがいます。

60min
60min

1ヶ月に1回メンバーが集まって60分間ハンズオン形式の勉強会を行っています。テーマを事前に決めて新しい技術やメンバーの得意な分野について情報共有します。

和じゃスペースミーティングスペース全体ミーティング飲み会和じゃスペース作業風景作業風景作業風景作業風景作業風景ソファスペース開発環境開発環境開発環境ホワイトボードホワイトボードウサギ合宿
和じゃスペース
ミーティングスペース
全体ミーティング
飲み会
和じゃスペース
作業風景
作業風景
作業風景
作業風景
作業風景
ソファスペース
開発環境
開発環境
開発環境
ホワイトボード
ホワイトボード
ウサギ
合宿

事業計画書を公開しています

私たちの事業部計画書